Home  |  All  |  Log in  |  RSS

CONTAX Tvs-Digitalで撮るドイツの情景。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコ大国の苦悩。

KICX8488b.jpg

世界に冠たるエコ大国・ドイツ。国会中継でも環境保護やエネルギー対策、温暖化対策などが議題に頻繁に挙るのもドイツならではないかと思います。
さて先日流れたニュースによると、未来の石油代替え燃料と期待されていた菜種油を原料とするエコオイルが、実は想像よりもエコではないという結果が発表されました。
スポンサーサイト

移り行く季節と影。

KICX0842.jpg

古いチャペルの白壁に映し出される木の影。冬の弱い日差しに映し出される淡い影ではなく、春の力強いくっきりとした影。照りつける日差しや道端に咲き始める花々や木々から季節を感じる事も出来るけど、何気ない影からも季節の移り変わりを感じる事ができます。

2008年2月17日撮影

真冬のグラウンド。

KICX0692b.jpg

スポーツに疎い僕は、以前はサッカーというスポーツ、何故にわざわざ寒い冬にプレイし暖かい夏がオフなんだろうと思っていました。ドイツに来てからもその疑問はつきまとったものの、ワールドカップやヨーロッパカップを見て納得。あれだけの長時間に及ぶハードなスポーツ。とても炎天下ではやっていられないのですね。そんな訳で今年も冷え込む冬空のもと、どの街に行っても寒さにも負けずに元気にサッカーの練習に励む若者達を目にする事が出来ます。

2008年1月25日撮影   Hansestadt Hamburug

ショッキングピンクな地下道。

KICX0639b.jpg

鮮やかなショッキングピンクに染まる地下道。そこに飾られる写真もネオンのピンク色に相応しい刺激的なもの。実はこの刺激的なポスター群はこの街一番の高級デパートの広告。ピンク色に染まる地下道に座る新聞売りのおじさんも、心無しか何時もよりも居心地が悪そう(恥ずかしそう?)に見えました。

2008年1月9日撮影  Baden-Wuerttemberg -Stuttgart

白い陽光の中のビジネスマン。

KICX0820b.jpg
KICX0821b.jpg
KICX0823b.jpg

午後の微睡む(まどろむ)ような暖かく柔らかな陽光の中のビジネスマン達。忙しそうに次の展示会場へと向かう者。同僚と談笑する者。そして家族か恋人へ電話をする者。昼過ぎの白い陽光に包まれた一瞬を撮影。

2008年2月11日撮影  Hessen Frankfurut -International Frankfurter Messe Ambiente

フランクフルト国際見本市会場。

KICX0829b.jpg

昨日は妻の従姉妹の付き添いで、フランクフルトのメッセ(国際見本市会場)へ行ってきました。僕らが訪れたのは展示総面積32万2,000㎡を超え、世界一の規模を誇る消費財見本市・International Frankfurter Messe Ambiente。僕は従姉妹の目に留まった展示品を撮影するという、カメラマンもどきとしてついていきました^^。
展示されていたのはキッチングッズやテーブルウェア(食器や調理具からテーブルデコレーションまで実に多様)や、部屋を飾るお洒落なデコレーションや楽しいプレゼント品などなど多種多様にわたり、とても一日で見れる規模の見本市ではありませんでした。写真はメッセの中央ドームの様子。雲一つない快晴の青空とアーチを描くガラスの天井から差し込むあたたかな太陽の光がとても気持よかったです。

2008年2月11日撮影  Hessen Frankfurut -International Frankfurter Messe Ambiente

南西独逸、本日モ快晴也。

KICX0803b.jpg

南西ドイツ、本日モ快晴也。昨日今日と本格的な春の到来かと見紛うばかりの暖かい快晴の日が続いています。昨年も暖冬だったけれど、今年は昨年にさらに輪をかけた暖冬の此処ドイツ。地球温暖化を考えると暖冬というのはあまり宜しくない現象なのだろうけれども、寒くて凍えるような日の照らない暗い日々が続くよりも、暖かく明るい冬の方が過ごしやすく精神衛生上良いのは、寒く暗い冬が当たり前の国に生まれた生粋のドイツ人にとっても同じようです。

2008年2月8日撮影

灰の水曜日(Aschermittwoch)、連れ去られる人々。

KICX1332b.jpg

昨日(6日)で一週間続いた飲んで食い倒れるカーニバルも終了。敬虔なクリスチャンは、今日から復活祭までの期間肉食を控えるとの事。そう考えるとカーニバルというのは、復活祭までの断食期間の前の食いだめという気もしないでもないですね(笑)。写真は、引っ越し途中の魔女に捕まり、連れ去られる人。魔女、中々の力持ちで、女性を軽々と肩に担ぎ道端の観衆(大抵は女性)を連れ去って行きます。

薔薇の月曜日(Rosenmontag)。

KICX1352b.jpg

今日は薔薇の月曜日(Rosenmontag)。先ほど(夜中の12時半)おそらく隣村の鼓笛隊が、ドンドン太鼓を派手に鳴らし僕らの住む町の目抜き通りを通り過ぎて行きました。

愚か者達の夜(汚れた木曜日)。

KICX1327b.jpg

先ほどから家の外を伝統的な木製の魔女の仮面を着けた若者達が、身にまとった鈴をガラガラいわせながら通り過ぎていっています。今日はSchmutziger Donnerstag(汚れた木曜日)。今日から来週の水曜日(Aschermittwoch・灰の水曜日)まで、僕の住む南西ドイツもカーニバルで賑わいます。
プロフィール

buck

  • Author:buck
  • ドイツの風景・日常を愛機・CONTAX Tvs-Dで撮影。

    すべての写真はレタッチ等の加工は一切無し。初期の写真はIrfanViewで、2007年5月以降の写真はiPhotoによりリサイズしています。
カレンダー
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
PICUP リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。