Home  |  All  |  Log in  |  RSS

CONTAX Tvs-Digitalで撮るドイツの情景。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の気配。

KICX1902b.jpg
8月もいよいよ残すところあと僅か。日中はまだまだ夏の日の強さを感じるものの、朝晩は既にTシャツ+バミューダ+サンダルでは寒く感じる程冷え込むようになってきました。写真は8月はじめの散歩の時に撮影したもの。まだまだ青い草原に真っ赤に紅葉した葉っぱが一枚。思えばこの頃から既に、夏から秋へと向けて季節は移行していたようです。

2008年8月3日撮影
スポンサーサイト

センセーショナル・モーメント。

KICX1593b.jpg
ひっそりと静まり返る修道院の回廊に並ぶ扉が一つ僅かに開け放たれていました。その開け放たれた扉からそっと薄暗い部屋の中を覗いて見ると、僕の目に飛び込んきたのは予想もしなかった美しい天井画。窓からの光に浮かび上がる鮮やかな天井画の色彩に思わず息をのんだ瞬間。僕は只呆然とその美しい天井画に魅入ってしまいました。

2008年6月1日撮影 Baden-Wuerttemberg Beuron

トウモロコシ畑。

KICX1864b.jpg
澄んだ夏空にスクッと真っ直ぐに伸びるトウモロコシ。その丈は2m近くにもなり、実際にトウモロコシ畑に分け入ってみると、まるで自分が小さくなってしまったかのよう。そんな長身のトウモロコシを見上げながら歩いてみると、まるで子供の頃のようなワクワクした気分になりました。

収穫。

KICX1898b.jpg
確か5月の終わり頃に芽が出始めてあれよあれよという間にグングンと成長していった麦。小麦か大麦かの区別さえつかない僕だけれども、緩やかな丘一面に広がる黄金色の麦畑を眺めるのは気持ちの良いもの。そんな美しい麦畑も、今週はじめにはキレイに刈り取られていました。米作の無いドイツ。秋ではなく今が収穫真っ盛りです。

夏の夕暮れ。

記憶の中の苔。

KICX1772b.jpg
小さな浅い清流の苔生す小石。冷たい清流に手を伸ばしてその小石に触ってみると、遠い子供の頃の記憶と変わらぬ、川の石独特のぬめっとした感じに懐かしさを覚えました。

2008年6月26日撮影

夏の太陽。

KICX1866.jpg
ギラギラとまではいかないけど程々に夏らしく照りつけるドイツの夏の太陽。グングンと成長しいつの間にやらとっくに僕の身長さえ超えてしまったトウモロコシの緑色の葉と、気持ちの良い青空の青と白い雲がいかにも夏らしい元気一杯の色合いで、散歩をしていても撮影していても実に気持ちの良い一日でした。

2008年8月3日撮影

修道士達の回廊。

KICX1592b.jpg
ドナウの源流からおよそ55km。未だ幅の狭い美しいドナウ川と切り立つ岩壁が印象的な、静かな谷間に建つボイロン修道院。観光客や参拝客は普段は足を踏み入れる事の無い、柔らかな午後の光の射し込む音も無い静寂に包まれた回廊に、修道士が一人ひっそりと佇んでいました。

2008年6月1日撮影 Baden-Wuerttemberg Beuron
プロフィール

buck

  • Author:buck
  • ドイツの風景・日常を愛機・CONTAX Tvs-Dで撮影。

    すべての写真はレタッチ等の加工は一切無し。初期の写真はIrfanViewで、2007年5月以降の写真はiPhotoによりリサイズしています。
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
PICUP リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。