Home  |  All  |  Log in  |  RSS

CONTAX Tvs-Digitalで撮るドイツの情景。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅・ブダペスト。4(僕が見つけた日常-1)

KICX5046.jpg

前二回は旅行ガイド風にブダペストの様子を紹介しましたが、今回は僕が是非撮ってみたかった等身大のブダペストの日常の風景をまとめてみました。多分2回に分けてお送りする事になるかと思います。
 一枚目の写真は、ブダペストのごく普通の住宅の様子。外壁は所々はがれ落ち、建物の寿命としては老年期に差し掛かっていると思われるこの住宅も、それぞれの窓にあるそれぞれの生活が建物に辛うじて活気を与えているように見えます。雲一つ無い抜けるような青い空と朽ちた建物の明暗。そしてそこにある生活。ゆっくりと過ぎ去る日常の一こま。

2005年8月19日撮影 -青空と日常
KICX5331.jpg

厚い灰色の雨雲に覆われるドナウ川と雨に濡れるブダペスト。灰色の空、灰色の川、そして灰色の建物。そんなモノクロームの世界に彩を添えるのは、そこに住む人々の日常の営みと笑顔の数々。

2005年8月22日撮影 -灰色のブダペスト


KICX5235.jpg

古いのに近未来的。とてつもなく深い地下へと高速で向かう地下鉄のエスカレーター。徐々に世代交代が行われているこの地下鉄のエスカレーター。古い世代のエスカレーターはとんでもない速さで動くとてもスリリングな乗り物。そのスリリングさが地下深くへと続く近未来風の内装にとても似合っているのに、新世代のエスカレーターは何の変哲も無い普通のスピードのもの。それはまるで牙を抜かれ去勢されてしまったかのように。

2005年8月20日撮影 -未来へと続く道


KICX5300.jpg

薄暗く薄汚い地下道。子供の頃、新宿西口の地下道を通るのがとても嫌でした。何故なら何処と無く不潔で薄暗く、何よりも強烈なアンモニア臭漂う地下道を通る時は、必ず弟と一緒に同時に息を止めて一目散に地下道の太陽の光が微かに差し込む出口へ向けて足早に通り抜けて行ったものです。そんな幼少の頃の記憶を呼び覚ますこの地下道の匂いと情景。決して留まりたくは無いけど何故か写真に収めておきたかった場所のひとつです。

2005年8月21日撮影 -微かな光の射す出口へ向かって


KICX5316.jpg

滲む光が夢のようなドナウ川の遊歩道。藍色の夕暮れの空に映えるオレンジ色の光の群れ。いつ来てもこの美しい通りを歩く人々の顔は風景のようにとても穏やか。100年前も100年後も変わらぬであろうこの風景。僕もその風景の中へ。
2005年8月21日撮影 -変わらぬ場所


KICX5073.jpg

地下鉄の扉に刻まれた落書き。ガラスではなく強化プラスティックを使用しているのか、コインやドライバーなどで簡単に落書きが出来るよう。窓に刻まれた文字の意味は解らないけど至る所で見かけたこの3文字の落書き。一体何を意味しているのだろう。

2005年8月19日撮影 -3文字のアルファベットの意味


KICX5305.jpg

はじめて僕がブダペストを訪れた11年前から何も変わらず今もそびえ立つこの建物。暗く廃れた廃墟のようなこの大きな建物には窓明かり一つも見えませんがどうやら人は住んでいるよう。しかも左下から2つ目の窓には最近貼られたと思われる歯医者の標識が。何だかホラー映画にでも出てきそうなこの建物で治療をする歯医者。この歯医者で行われているであろう治療を考えるとどうしてもネガティブな想像しか浮かんできません。

2005年8月21日撮影 -蒼き廃墟のような


KICX5310.jpg

日本にいても外国にいても日が暮れ夜の帳が下りてくるまでの一瞬、青色に覆われる時間を迎えると家へ帰らなければという気持ちになります。車の赤いテールランプも歩道のおばさんもまるで「うちへ帰る時間だよ」と無言で語りかけてくるよう。この気持ちは旅先でも同じです。

2005年8月21日撮影 -青に染まるAstoria
Comment
うずらっち URL ] #9mSJKJqA
buckさん、旅行に行ってらしたんですね~おかえりなさい(^o^)
旅先で十分リフレッシュできましたか~?^^
下から2枚目の歯医者さん。。。おいらは遠慮させて頂きます・・(((^^;
お帰りなさい 2005.08.27 Sat 16:24 [ Edit ]
ta-chan [ URL ] #-
僕の相方miyumiyuはT3とTVS-Dのみなのですが、やはり使いこなしているなぁと思う写真を残します。僕もTVSのみで出かけてみようかと思うくらい、buckさんのお写真は素晴らしいですね。
4枚目はMF何メートルでしょうか?TVS-Dでは初めてみる描写です。今回は様々な撮影で興味深く見いってしまいました。
愛機 2005.08.27 Sat 21:45 [ Edit ]
Aloha [ URL ] #-
また素晴らしい写真の数々ですね~
下から二枚目の写真は凄くあじがある写真、私もあの角度から撮るのが大好です。
でも、あそこで歯医者の治療はちと考えてしまいますね?笑 でも中を見ないと何ともいえないか。。。。
まだ写真を撮り始めて3ヶ月、へたれ写真ばかりだけど私も頑張ろう~なんて思っています。^^
今回も 2005.08.28 Sun 03:23 [ Edit ]
buck [ URL ] #zu7n1vHY
>うずらっちさん
5日間の夏休み旅行に出ていました。本当は海に行きたかったんですけれど、夏の予定が立つのが遅かったので時すでに遅しでした。(涙)歩き疲れて食べ過ぎた旅行でしたが心のリフレッシュになりました。燃料満タン、来週から始まる新シーズンに向けての準備完了です^^。
やっぱり行きたくないですよねこの歯医者さん。髪の毛もじゃもじゃのマッドサイエンティストかショッカーの博士達でも潜んでそうな建物でした。(爆)
 2005.08.28 Sun 21:04 [ Edit ]
buck [ URL ] #zu7n1vHY
>ta-chanさん
ブログのTvsの写真は相方さんが撮られた写真なのですか?とても綺麗なものばかりですよね!Tvsは持ち出しても邪魔にならない大きさが便利です。この後継機がもう出る事無いのが非常に残念ですが。。。
4枚目の写真はMFではなく、チューリップマークのマクロモードを使用しての撮影です。マクロで近距離にある手身近な物(無い場合は自分の指!笑)にピントを合わせ、後はぼかして撮りたい場所にカメラを向けて撮るとこんな感じの写真が出来上がります。ピントのあった場所が無いので少々見つめるとボーとなってしまいますが、中々面白い効果の写真が取れます^^。
 2005.08.28 Sun 21:11 [ Edit ]
buck [ URL ] #zu7n1vHY
>Alohaさん
ありがとうございます~。今回の写真と今日更新した写真は観光名所記念写真ではなく、僕が撮りたかった日常の情景なのでどれも自分でも気に入っている写真ばかりです^^。下から2番目の写真は、夕暮れ時にとても良いタイミングで撮れたので普段あまり撮れない独特な色が出ました。
この建物、2m以上ある黒い大きな門が入り口を塞いでいて、しかも入り口に続くエントランスも真っ暗。とても怖くて一人では入れないようなおどろおどろしい建物でした。
Alohaさん、写真を撮り始めて3ヶ月!初めてAlohaさんのブログを拝見したときに見た夕焼けのと雲の写真が強烈に目に焼きついていてとても撮り始めて3ヶ月の人が撮った人の写真には見えませんでしたよ~。(驚!)
 2005.08.28 Sun 21:19 [ Edit ]
きち URL ] #YlatNgdA
同じ街も、カメラと腕と見方でこんなに素敵に仕上がるなんて、、、。(汗)
きったない、いえ、古い建物気になってました。ドナウの真珠の町にしては、強烈ですよね。
6枚目の文字は、アラビア語に見えますねえ。今度注意してみてみます。
TBありがとうございました!光栄です。恐縮ながら、お返ししておきます。
 2005.10.12 Wed 00:19 [ Edit ]
buck [ URL ] #zu7n1vHY
やぁきちさん、わざわざコメントありがとうございます。
はじめてブダペストの廃墟のような建物を見たときはさすがにビックリしましたが、数年をあの街で過ごし、今こうして新たに訪れてみるとこの崩れかけたような古い建物こそがブダペスタなんだなぁと実感しました。その地に住んでいないよそ者だからこう感じるのかもしれませんが、その地に住んでいる方々としてはやはり綺麗にこした事はありませんよね^^。しかし巨大なウエストエンドには驚きましたよ!ドイツでもあのような巨大なショピングセンターは中々無いと思いますです。本当変わりましたよね~。
 2005.10.12 Wed 08:13 [ Edit ]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://bucktvsd.blog10.fc2.com/tb.php/103-06c42949
ワタシがよく利用するブダペストの地下鉄M3(全部の駅は試していない)のエスカレーターはめっぽう速い。東京Dランドのホーンデットマンションの乗り物以上に速い。(推定
2005.10.12 00:21
プロフィール

buck

  • Author:buck
  • ドイツの風景・日常を愛機・CONTAX Tvs-Dで撮影。

    すべての写真はレタッチ等の加工は一切無し。初期の写真はIrfanViewで、2007年5月以降の写真はiPhotoによりリサイズしています。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
PICUP リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。