Home  |  All  |  Log in  |  RSS

CONTAX Tvs-Digitalで撮るドイツの情景。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静寂と集中の瞬間。

KICX6060.jpg

ドイツの教会といえば、決して忘れてはならないのがオルガン。大抵は教会の正面入り口上方に位置するバルコニーに設置されている、見上げるだけでも荘厳なオルガン。そのオルガンがひとたび演奏を始めると、教会はその素晴らしい音の洪水に隅々まで満たされます。この写真はまさにそのオルガンが演奏される直前。静かに鍵盤に手を置き集中する奏者。そして次の瞬間、銀色のオルガンのパイプから大地を揺るがすような壮大な音が教会中に響き渡り、過去に書かれた偉大な作曲家の曲の数々が現代に息を吹き返すのでした。

2005年10月8日撮影
Comment
a_-ooo [ URL ] #-
オルガンの音色は心の中にしみわたり感動を呼び起こしますね。
ピアノとは違う音色が非日常的でよけいにそう感じるのでしょうか。
 2005.11.15 Tue 21:15 [ Edit ]
tada URL ] #IFdljVkg
いつも buckさんのお写真を拝見して思うのですが、いい色出てますねぇ。
私、CONTAX Tvs-Dの事をあまり詳しく知らないのですが、非常に興味があります。一度は手にしたいデジイチですが、コンデジも手放せません。高価なコンデジですが、いつか手にしたいですねぇ。
CONTAX Tvs-D 2005.11.15 Tue 21:50 [ Edit ]
buck [ URL ] #zu7n1vHY
>a_-oooさん
オルガンの素晴らしく心に響く音色。僕も非常に好きです。ピアノの音は華麗という言葉が似合うように思えますが、オルガンの音は古い教会の如く神聖且つ荘厳というイメージがあります^^。
 2005.11.16 Wed 15:58 [ Edit ]
buck [ URL ] #zu7n1vHY
>tadaさん
何時も嬉しいコメントありがとうございます^^。
Tvs-D、動作は今のカメラと比べると信じられないほど遅いですし、モニターも実際に写る色とは異なる色再生だったりと決して人に胸を張ってお勧めできるカメラではありませんが、このカメラならではの味わい、使い込めば使い込むほど馴染んでくる楽しさのあるカメラだと思います。
僕もいつかはデジイチを使ってみたいのですが、コンデジのお手軽さと携帯性の良さから絶対に手放せないと思います。しかし最近はTvs、値段もかなりお手軽になりましたよね。発売当時の値段からは考えられない低価格にビックリです。(笑)
 2005.11.16 Wed 16:07 [ Edit ]
アイルトン URL ] #-
久しく生の音楽から離れているので
聴きに行きたくなりました。
 2005.11.16 Wed 17:17 [ Edit ]
buck [ URL ] #zu7n1vHY
>アイルトンさん
生の演奏は、録音では味わうことの出来ないまるで写真撮影のような「その時だけの瞬間」を楽しむことが出来ますよね^^。
 2005.11.17 Thu 07:43 [ Edit ]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://bucktvsd.blog10.fc2.com/tb.php/169-71e49abb
プロフィール

buck

  • Author:buck
  • ドイツの風景・日常を愛機・CONTAX Tvs-Dで撮影。

    すべての写真はレタッチ等の加工は一切無し。初期の写真はIrfanViewで、2007年5月以降の写真はiPhotoによりリサイズしています。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
PICUP リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。