Home  |  All  |  Log in  |  RSS

CONTAX Tvs-Digitalで撮るドイツの情景。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静寂の青の時間。

KICX8147.jpg

日が暮れ夜の帳が下りるまでの僅かな時間、街は青い色に覆われます。日本では古くからこの時間帯を「逢魔が時」と呼び忌み嫌っているようです。というのも統計的にもこの時間帯は古くから行方不明者が多発し、現代では夕暮れの視界の悪さから交通事故が多発する時間帯だとか。此処ドイツではそのような話は聴いたことはありませんが、夜の一歩手前の静寂に包まれる僅かな青い時間帯。街の表情はいつもとは違う、まるで時が止まったかのような神秘的な雰囲気に包まれます。

2006年3月10日撮影 Baden-Wuerttemberg Meersburg
Comment
marysia [ URL ] #-
この青の空間はすごいですね...
夕暮れ前のblueの景色は神秘的ですよね。
仕事帰りにblueの景色を眺めながら
景色のblueにも季節によっていろいろな
色合いになるんだな...考えていました。
 2006.03.24 Fri 18:17 [ Edit ]
Nobu URL ] #mQop/nM.
おはようございます。
夕焼け空もすてきですが、この時間も何とも言えない良さがありますね。
いやあ、しかしイイ青です。
 2006.03.26 Sun 07:06 [ Edit ]
Yumi URL ] #Lb0elJ46
えっ、この時間帯にはそんな言い伝えがあるの~~?
ちょっと怖いですよね~~(*_*;
この青には不思議な魅力があるとは思いますが・・・

白い建物の屋根、階段みたいでかわいいですね。^^

buckさん、明日27日は「桜の日」だそうですよ。
「桜のお茶」と「和菓子」を明日お出ししますので、よろしかったらお寄りくださいね~^^
 2006.03.26 Sun 14:31 [ Edit ]
buck [ URL ] #zu7n1vHY
>marysiaさん
この青い時間、本当に天気や四季、場所によって色が本当に尾となるのですよね~。
長らく僕も青い写真が撮りたかったのですが、中々チャンスに巡り合えませんでした。薄暗くなって青くなる僅かな時間の静寂。僕のとても好きな瞬間です^^。
 2006.03.27 Mon 08:04 [ Edit ]
buck [ URL ] #zu7n1vHY
>Nobuさん
まさにまさに!ドラマティックで変化に富む夕焼けも素敵ですが、静かな青い時間とても好きです。しかしこの青い時間、僕にとって撮影するのがとても難しい時間帯なのです。そんな中この写真は撮りたかった青に近い色が出た貴重な一枚でした^^。
 2006.03.27 Mon 08:07 [ Edit ]
buck [ URL ] #zu7n1vHY
>Yumiさん
何だか神隠しにあうのも狐に化かされるのもこの時間帯だったようです。きっと薄暗くなり見えているつもりの目の前のものが急に見えなくなってしまったりしたのが原因なのでしょうね。現代では薄闇の視界の悪さと共に、仕事の後の疲れによる集中力の低下が事故につながるそうです。くれぐれもこの時間帯の運転には気をつけてくださいね!

何だか日本を離れて11年、知らない間にいろいろな祝日(?)が増えました。明日は「桜の日」なのですね!静岡はもうそろそろ桜も満開でしょうか?「桜のお菓子」と「お茶」、とても楽しみに是非お邪魔させていただきます~^^。
 2006.03.27 Mon 08:12 [ Edit ]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://bucktvsd.blog10.fc2.com/tb.php/236-6f9a6087
プロフィール

buck

  • Author:buck
  • ドイツの風景・日常を愛機・CONTAX Tvs-Dで撮影。

    すべての写真はレタッチ等の加工は一切無し。初期の写真はIrfanViewで、2007年5月以降の写真はiPhotoによりリサイズしています。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
PICUP リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。