Home  |  All  |  Log in  |  RSS

CONTAX Tvs-Digitalで撮るドイツの情景。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モノクロームの世界。

KICX5365.jpg

KICX5385.jpg

そういえば長い事モノクロの写真を撮っていませんでした。しかし今日は昨日(日曜日)見たDVDに触発され2年前に撮影したモノクロの写真をUPしてみました。モノクロの写真。ホワイトバランスの設定がとてもシビアなのでついつい敬遠しがちなのですが、実はTvsのモノクロ写真にはカラーとは一味違った独特な風情があってとても気に入っているのです。

・・・さて昨日見たDVDはといいますと、この週末にレンタルビデオ屋で何気なく借りたフランスのリュック・べッソン監督のパリを舞台にした最新作「Angel・a」。実はこのDVD、内容も前評判もそして題名さえもしっかりとチェックせずに監督名(実は僕この監督の映画、結構好きなのです)のみで借りたもので、僕ら二人ともこの映画がいつドイツで公開されたのかも知りませんでした。
しかしDVDを再生してみると僕らはビックリ!見慣れたカラーのフィルムではなく、何と白黒ではないですか!(奥方なんてDVDがはじまって1分後にいきなり早送りし始め「うちのDVDプレーヤー壊れているんじゃない?」なんて問いただされましたし。笑)しかし映画が始まってみると色が無いという事実はフィルム開始後5分後にはすっかり気にならなくなり、それにも増してモノクロで映し出されるパリの美しい街並に引き込まれるように魅入ってしまいました。
ストーリーはいわゆる現実には起こりえないファンタジー。しかしとびきり素敵なファンタジーで、この映画の主演男優のためか数年前に世界的にヒットした「アメリー(彼はこの映画にも出演していた)」のような雰囲気ではじまりましたが、物語が進むにつれリュック・ベンソン色が濃くなり、最後まで飽きる事無く見終える事ができました。
モノクロなのに色が見える。白黒なのにかえって色が無い事によってさらにその美しさが引き出される。そんな事を頭の片隅で感じながら見た、パリの街並の美しさがとても際立つ大人の為の素敵なファンタジーでした。

2005年8月22日撮影  Hungary -Budapest
Comment
miso [ URL ] #-

 こんにちは。misoと申します。
 2月にもおじゃまさせていただきました。 

 モノクロもとても雰囲気があっていいですね。
 カラーとはまた違ったしぶさを感じます。

 実は前回もお便りしたのですが、
 どうしてもお聞きしたいので、
 さしさわりなければ、教えていただけると幸いです。
 

 僕も同じカメラを持ってますが、
 デジタルのためか、枯木などを撮ったときには
 どうしてもデジタルくささが出てしまいます。

 Buckさんの写真のうまさでしょうが、
 そんな感じは少しも受けません。
 デジタルくささの出る被写体はあえて
 選んでいらっしゃらないのでしょうか?

 また、撮影されるときには、ファインダーを
 見ていらっしゃいますか?
 それとも、液晶画面を見ながらでしょうか?

 唐突に質問してしまってすみません。
 これからもBuckさんの写真
 拝見するのをたのしみにしています。 

 2007.06.06 Wed 11:46 [ Edit ]
buck [ URL ] #zu7n1vHY
>misoさん
はじめまして&いつも僕の拙い写真ご覧頂きありがとうございます。
長期休暇の間のコメントのお返事すみません。お返事しなくてはと思っているのですが中々。。。
そんなブログなのにまたコメントつけて頂き恐縮です。

misoさんもTvsを使っておられるのですね!使い勝手は決して良くない古いカメラですが、同胞
(?)がいると嬉しいものですね。無精な僕はTvsの映し出す画像に満足。このカメラの後継機が
出るというなればとても興味がありますが、今の所まだこのカメラに満足して使っていますです^
^。
僕の写真、デジタルくさくありませんか?(笑) 「木」の撮影って僕もとても難しいと思います。今の
時期でしたら若葉の茂った木々におちる陰影のおかげで立体的に撮れますが、冬場の枯れ木だと
陰影と立体感が出し辛いですよね。そういう時は僕の場合、いっそ全く立体感を無視した平面的
な絵のような写真を撮るように心がけています(下にある「平面の世界」のように)。それと僕の写
真を見て頂けばわかるように、傾向として露出をマイナス気味にして空や光、雲などの背景が白
とびしないように注意して撮影しています。特に冬場の曇り空が背景ですとのぺっとした感じに白
とびする傾向がこのカメラにはあるようなのでそこに気を使っています。
ファインダーで撮影する事は殆どありません(日差しが強すぎてモニターが全く役に立たない時は
別ですが)。このカメラ、ファインダーに見える画像と実際に撮れる画像、全然違いますよね。また
モニターを見て撮影する時も微妙にピントと撮影範囲がずれるので接写の時などはその癖を考
慮して撮影しています。このモニター、暗くて細かいところまではよくわからないので、大体は撮影
の位置確認のみに使用。ホワイトバランスなんかは長年のカン(?)で設定しています。
同じ被写体を設定微妙にかえて撮影していくとこのカメラの癖がわかるので、たま~にそんな事
を練習をかねてしています^^。

こんな感じで撮影していますが、お役に立てれば何よりです。
相変わらずのマイペース更新ですがこれからもお気軽に遊びに来て下さいませ!!!
 2007.06.08 Fri 21:17 [ Edit ]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://bucktvsd.blog10.fc2.com/tb.php/330-cd1dfcbc
プロフィール

buck

  • Author:buck
  • ドイツの風景・日常を愛機・CONTAX Tvs-Dで撮影。

    すべての写真はレタッチ等の加工は一切無し。初期の写真はIrfanViewで、2007年5月以降の写真はiPhotoによりリサイズしています。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
PICUP リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。