Home  |  All  |  Log in  |  RSS

CONTAX Tvs-Digitalで撮るドイツの情景。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静寂の地。

KICX2558.jpg

静かな境内に佇む聖徳太子像。不思議と街の雑音が一切聞こえない境内に座って耳を澄ませば、そこにはただ風に揺れる木々の葉音が聞こえるのみ。静寂の地に佇む、柔らかな表情の聖徳太子像を眺めながら想うのは、決して忘れる事の無い、僕の心の奥に刻まれた自分のルーツとアイデンティティー。
KICX2555.jpg

KICX2560.jpg

うちの奥方と久しぶりに休暇が重なったので、以前から計画していた、ドイツ在住日本人にとっては楽園とも聖地とも形容されるデュッセルドルフに小旅行に行ってきました。旅行の目的は底をつき始めた我が家の日本食材(といっても醤油などの基本的なもの)の補給。そして日本食と名ばかりのレストランが多いドイツで「本物」の日本食を満喫する事と、未だ本格的な日本建築を見た事の無い奥方に、日本庭園及び典型的なお寺を訪れ、僅かながらでも実際に日本を味わってもらう事でした。

KICX2574.jpg

KICX2562.jpg

滞在二日目に写真の恵光寺を見学。デュッセルドルフの街の中心からは少々離れた場所にありましたが、周りは閑静な高級住宅街で、この地域には多くの日本人駐在員さん達が生活しているそうです。最寄りの駅まで路面電車で移動。そこからは徒歩で20分ほどで目的のお寺に到着。道中水分の補給をと思い見つけたスーパーに入ってみてビックリ。そこには本当に普通に醤油や味醂などの日本食材が並び、日本食用に薄切りにされた肉(ドイツの普通のスーパーでは絶対にお目にかかれない)や刺身や寿司用の新鮮な魚介類。さらには日本のコンビニでお馴染みの「おにぎり(勿論これはその場で即購入)」までが。。。このスーパーを出てからお寺までは「ドイツにこんなところがあるなんて・・・」とまさに絶句状態。その後勿論、現状をやっと把握した奥方と、中華料理店やアジア食材店すら無い今住んでいる我が村の不便製と惨状を、そしていかに僕が普段苦行(?)を強いられ生活しているかについて熱く語り合いました(笑)。

KICX2575.jpg

KICX2578.jpg

お寺の入り口には併設された幼稚園があり、ここでは日本人とドイツ人の児童が一緒になってとても楽しそうに遊んでいました。そして待望のお寺の山門をくぐると、そこはもう日本。非常に手入れの行き届いた、典型的な理路整然とした美しい日本庭園。「模造」ではない「本物」の材木によって建てられた立派な本殿。残念ながら本殿内部を見学する事は出来ませんでしたが、美しい日本庭園内のベンチに座っているだけで十分。奥方共々、本当に心を洗われるような静寂に包まれた、まさに日本の寺院境内のあの独特の雰囲気を満喫する事が出来ました。ちなみにこのお寺。日本政府公認の文化交流の場としても活用されているそうで、日本語講座や日本文化に触れる文化行事(能や華道、書道など)が定期的に行われ、なんと大晦日には除夜の鐘もちゃんと108回鳴らされるそうです。日本人に限らず、日本文化に興味を持つ多くのドイツ人も訪れるようです。

KICX2568.jpg

古くから自分の意志に関係なくドイツに派遣される駐在員及びその家族の為に、日本人に不便の無いように発展してきたデュッセルドルフ。そのまんま日本のようにとは行かずとも、日本の生活とそれほど変わらずに生活できる配慮がなされていて、まさにドイツの僻地で生活している僕にとっては本当に信じられないほど「日本」が息づいている街であると同時に、本当に自然に、決して孤立している訳でなくドイツと日本とが実に巧くとけ込んでいる、何とも不思議な街でもありました。

2007年7月10日撮影 Nordrhein Westfalen -Duesseldorf EKO-House
Comment
Tajiri URL ] #mQop/nM.
驚きました。ヨーロッパにこれほど見事なお寺があるとは・・。
しかしさすがにお寺の周囲の木々は日本とは異なりますね。(当たり前か)
 2007.07.14 Sat 21:17 [ Edit ]
NOBU URL ] #bf2PXrYQ
buckさん、こんにちは。
ブログを色々と巡っていたら、buckさんのブログにたどり着きました。
写真のクオリティの高さに驚かされます。素晴らしいです。
僕は仕事で3回デュッセルドルフを訪れていますが、ドイツの街がきれい
なことにいつも感心します。
このお寺の写真もいいですね。

CONTAX TVS?、CONTAX T2を使っていますが、Digitalで撮られた
写真を拝見して、こちらにも興味がわいてきました…。

それでは。
 2007.07.18 Wed 13:01 [ Edit ]
tada URL ] #IFdljVkg
おっ!凄い!
ドイツにこんな所があるんですね。
それに除夜の鐘まで鳴るなんて、本格的ですね。子供の頃、近所のお
寺で除夜の鐘を突かせてもらうのに並んだのを思い出しました。

お寺って、時間がゆっくり流れるような気がして落ち着きます^^
 2007.07.18 Wed 23:26 [ Edit ]
buck [ URL ] #zu7n1vHY
Tajiriさん、こんな本格的なお寺が異国の地にあるなんて本当に驚きでしょう。僕も実際に足を運ん
でみてとても感動しました。あ、いわれてみれば周囲の木々は日本とは異なりますね。全然気がつき
ませんでした^^。
 2007.07.20 Fri 00:03 [ Edit ]
buck [ URL ] #zu7n1vHY
NOBUさん、はじめまして&ようこそ!
とても嬉しいコメントありがとうございます^^。NOBUさんは、すでに3回もデュッセルドルフを訪
れられた事があるのですね。ドイツにはすでに8年住んでいますが今回の訪問がはじめてでした。
しかし何といいますか、ドイツなのに日本にいるような錯覚を覚え、丁度カルチャーショックのな
感じを受けました。
ドイツの街、肩が凝らない程度に綺麗なので僕もとても好きですが、お隣のオランダやスイスに
行くと、完璧なまでに掃除の行き届いた、ドイツよりもさらに徹底した整頓ぶりに感心します。街の
綺麗さ、景観などにその国、地域毎のお国柄がとても反映されるようです。

CONTAXの銀塩を愛用されているのですね。銀塩にはトンと疎いのでとても羨ましいです^^。
いつかはG2なんて思いつつも、他のものにばかり散財していますです。実はデジカメもそろそろ
新しいのが欲しいんですけど、中々。。。(笑
 2007.07.20 Fri 05:48 [ Edit ]
buck [ URL ] #zu7n1vHY
tadaさん、凄いでしょう!境内の空気、もう日本そのものでしたよ^^。
あ、 tadaさん、除夜の鐘たたかれた事あるのですね。羨ましい!実家はお寺の近くにあるのですが、
毎年除夜の鐘を聞きつつ年越しそば。そして新年とともに怒濤の明治神宮へ初詣というのが定番で
した。そんな大晦日も10年以上経験していません。う~ん、とても懐かしい。。。

ドイツにあるお寺とはいえ、その雰囲気はまさに日本そのもの。 tadaさんのコメントの如くゆっくりと
流れる静かな時間の流れを満喫。久しぶりに心が洗われるような気持ちでしたです。
 2007.07.20 Fri 05:53 [ Edit ]
アイルトン URL ] #dtpddxfM
ドイツにこんなに立派なお寺があるなんて驚きました。
 2007.08.03 Fri 11:38 [ Edit ]
buck URL ] #zu7n1vHY
アイルトンさん、お久しぶりです!
いやいや、僕も正直ドイツに、いやヨーロッパにこんなに立派で本格的なお寺があるなんて正直思ってもいませんでしたですよ。ある意味とても新鮮でした^^。
 2007.08.05 Sun 17:55 [ Edit ]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://bucktvsd.blog10.fc2.com/tb.php/348-dc50e846
プロフィール

buck

  • Author:buck
  • ドイツの風景・日常を愛機・CONTAX Tvs-Dで撮影。

    すべての写真はレタッチ等の加工は一切無し。初期の写真はIrfanViewで、2007年5月以降の写真はiPhotoによりリサイズしています。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
PICUP リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。