Home  |  All  |  Log in  |  RSS

CONTAX Tvs-Digitalで撮るドイツの情景。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋晴れの日曜日。

KICX0245.jpg

ここ数日とても暖かい秋晴れの日が続いています。本来8月はそれほど気温が上がりきらない肌寒い年が多く、その後に続く9月は肌寒い8月とは対照的に気持ちのよい秋晴れの空の広がる暖かい年が多いように思います。しかし今年は8月は勿論、9月になっても肌寒いパッとしない悪天候の日が続いていました。それがやっと今週半ばから例年通りの気持ちのよい暖かい秋が到来。そんな訳で今日は、眩しい秋の西日に照らし出される、うちのバルコニーの花々を久しぶりに撮影してみました。
KICX0254.jpg

今日は本当に久しぶりにバルコニーでブランチ。Tシャツでも丁度良いほどの心地よい秋の陽気。写真はバルコニーのテーブルに飾られている小さな菊の花。今が満開です。

KICX0239.jpg

抜けるような真っ青な秋の青空に映えるクレマチス。大半の花は既に散ってしまったものの、まだ幾つかは頑張って咲いています。落ち着いた紫色の花も大好きなのですが、花びらが散ってしまった後に残る小さな花火のような”ガク”がとても気になります。

KICX0227.jpg

夏に植えたこの花も、まだまだ現役で咲き誇っています。休暇旅行中は隣村に住む義母が、わざわざ僕らのバルコニーの花々に水をやるために来てくれました。おかげで枯れた鉢は一つもなく、未だ花咲き誇る美しい状態を保っています。

KICX0233.jpg

KICX0229.jpg

KICX0261.jpg

小さいながらも強烈に辛いペパロニも沢山の実を付けています。今日改めてこの二代目Tvs-Dが以前のTvsとは異なる描写をするのを再確認。7月7日に更新した写真と見比べても、明らかに二代目Tvsの方がシャープで鮮明な最近のデジカメのような描写をするように思えます。特にこのペパロニのような強烈な赤色は、先代Tvsでは飽和気味な発色しか出来なかったのが、二代目では素晴らしいまでの鮮やかな発色と描写です。レンズのボケ具合も初代よりも柔らかい印象を受けます。しかしこの二代目、逆光状態の撮影では初代では見られなかったゴーストが現れたり、初代では綺麗に出たフレアがうまく出なかったりと、これはCCDのチューニングだけではなくレンズ自体もまるで別物のような印象を受けます。Tvs-D、もしかしたらかなり個体差のあるカメラなのかもしれません。

すべて2007年9月16日撮影 ー自宅のバルコニーにて
Comment
[  ] #
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます 2007.10.01 Mon 12:13 [ Edit ]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://bucktvsd.blog10.fc2.com/tb.php/365-74875b6c
プロフィール

buck

  • Author:buck
  • ドイツの風景・日常を愛機・CONTAX Tvs-Dで撮影。

    すべての写真はレタッチ等の加工は一切無し。初期の写真はIrfanViewで、2007年5月以降の写真はiPhotoによりリサイズしています。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
PICUP リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。