Home  |  All  |  Log in  |  RSS

CONTAX Tvs-Digitalで撮るドイツの情景。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風に揺れるアイビー。

KICX2796.jpg

爽やかな優しい風に揺れるアイビー。植物の写真なのにカテゴリ・家屋としたのには訳があります。綺麗に密生するこのアイビー、実は家の壁面に隙間無く根を下ろしているのです。風が吹くたびにさわさわと気持ち良く揺れる壁面のアイビー。是非一度こんな家に住んでみたいものですね。
KICX2794.jpg

家の全景はこんな感じです。辛うじて窓の部分のみを残しびっしりと壁を覆いつくしています。KonstanzはBoden湖畔最大の街で、この家はそんな小さくない町の中心部にありました。夜、窓から入ってくる風が本当に気持ち良さそうです。(青空を入れようと思い、建物を傾斜させすぎてしまいました。アングル悪いです。実際は真っ直ぐ建っています。汗)

2005年5月22日撮影 Baden-Wuerttemberg Konstanz
Comment
tnk_atk [ URL ] #-
こんにちは。上の写真がアイビーとはおもえなかったんですが、意外なアングルでとても好きです~
それにしてぬいぐるみみたいにももこもこな家ですね。
最近おもったんですが、こちらグラフィッティがひどいので、庭の周りの壁とかもアイビーとかだと隠れて良いなぁとおもいました。
やすっぽいコンクリートや電車のグラフィッティはまぁいいかなとおもうのですが、古い石でできた家の壁へのグラフィッティって悲しいですよね。
 2005.07.05 Tue 02:52 [ Edit ]
buck [ URL ] #zu7n1vHY
tnk_atkさん、おかえりなさい~!
う、そういえばアイビーにしては大きいですよね。葉っぱは手のひらほどの大きさがありました。(汗)
街の真ん中に忽然と立つこの緑の家。とても目立ちました。
グラフィティがひどいというのは色使い?それとも家に実際に書かれている画などでしょうか?確かにスイスのドイツ語圏やバイエルンの一部、バーデン地方にはゴテゴテと壁一杯に絵が描かれた建物がありますよね。古い、新しいにかかわらず、僕はあれが結構苦手です。
tnk_atkさん、そんな家を見つけたら密かにアイビー植え込んじゃいましょうか。蔦類は成長早いですから。。。(爆)
 2005.07.05 Tue 18:26 [ Edit ]
tnk_atk [ URL ] #-
グラフィッティ、、スプレーの落書きのことです。
日本でもひどくなってきましたが、こちらひどくないですか?私は廃れた気分になって嫌です。。
アイビーで落葉してしまうものだと、効果なしですね^^;
でも秋口のアイビーの紅葉も大好きです。

ところで私も、バーゼルやベルンとかの壁にごてごてとした絵の書いてある家好みじゃないですねぇ・・・
 2005.07.06 Wed 17:56 [ Edit ]
buck [ URL ] #zu7n1vHY
グラフィティとはスプレーによる落書きのことを指すのですね^^。
ドイツでは最近は以前に比べると減った気がします。街ごとに落書きを減らす努力もしているようですし。しかし大きな都市に行けばまだまだ多いですね。僕としては「どうやってあんなところに落書きしたんだろう?」的な場所にスプレーされている事が多いので、感心してしまう事が多いです。(汗)

やはりあのゴテゴテ装飾良くないですよね~。あれはイタリアの影響なのでしょうか?北では余りお目にかかれないスタイルです。
 2005.07.07 Thu 07:41 [ Edit ]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://bucktvsd.blog10.fc2.com/tb.php/51-e19df157
プロフィール

buck

  • Author:buck
  • ドイツの風景・日常を愛機・CONTAX Tvs-Dで撮影。

    すべての写真はレタッチ等の加工は一切無し。初期の写真はIrfanViewで、2007年5月以降の写真はiPhotoによりリサイズしています。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
PICUP リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。